ホワイト企業を主張

良い企業のアピール

求人サービスや中小企業のサイトを見るとよく目にする優良企業アピール。
アットホームな職場、社長と社員の垣根がない、残業が少ないetc…

色々と良いアピールをしているつもりだと思うが、肯定的に捉えられることは少ないと思われる。
主張している内容が悪い方に転んでいる話を目にする事が多く、結果的に心象が悪くなっているように思われる。

アピールポイントを変えてみては?

アピールポイントを肯定的に捉えてもらえない、会社の良い点を伝えきれない、と思い悩む経営者も多いと思う。
実際自分も一時期会社の求人について携わっていた時期があり、中小企業への求人の少なさや採用後の定着の難しさを感じる時があった。

結局のどんなに優良アピールをしても実態が伴わないと、たとえ入社したとしてもすぐに離れていってしまう可能性が高い。
おそらく会社紹介や話の中で思い描いていたイメージと大きく異なっていた事が原因となると思われる。

ではどうするか?

定量的な結果と正しい情報でアピール

企業と求職者のイメージの乖離はそれぞれが異なった価値観や経験則から判断してしまう事が原因だと考えられる。
つまり、共通して認識齟齬のない情報を元にする事でイメージの乖離は小さくする事が出来ると考えられる。

例えば、残業時間の削減を行なっているならば残業時間の削減推移がわかるような情報を載せる、離職率を載せる、正しい給与状況を載せるなど。

特に残業時間と給与に関する情報は入社してから「聞いていた話と違う」という状況が多く、求職者が経歴詐称していたと同じ様な事を企業がしている状態なので、入社した人が離れていくのは当然の事をだと思う。
きちんと正しい情報を定量的にわかる形で示す事が、曖昧な表現でアピールするよりよほど説得力や魅力があると思われる。

求職者の視点で

求人募集も求職も両方経験してきたので、会社がいかにアピールしたいかもわかるけれど、無理にアピールポイントを出そうとして逆効果となっている事が多い。
求職者としては会社の状況やアピールも大事だが、いざ働く上で自分に合った環境かを考える。
いかに優良企業で合ったとしても、合わない環境で働くのは苦痛だし、事前情報と異なれば尚更である。
全て望むかたちでの環境は存在しないのは当然であるが、家探しと同じで同じ条件の中で少しでも良いところを探そうとするのは当然で、様々な環境の会社の中から一緒に働く事でそれぞれ幸せになれる環境を求めるのは当然である。

会社と求職者が腹の探り合いをしているよりも、初めから正直に認識合わせをして、合う合わないを明確にした方が後々幸せになれるはずだと思う。